RENOVATION

千住空き家再生001〜011

  

  千住芸術村の基本ミッション

​  1、東京都足立区千住地域に点在する空き家・空き店舗、古アパートや老朽ビル等を再生させ、

若手クリエーターらが活動する「千住88ヵ所」を作り、歩いて巡れる芸術の街にする。

​  2、縁ある美大生や若手アーティストたちに、デザイン・広告・出版分野の仕事をつなげ、

   発表の場を広げるお手伝いをする。

  3、ワークショップやダンス、演劇等、各種イベントを企画運営し、縁ある地域の子どもたちが

   本物の芸術や芸能文化活動に接する機会を提供する。

 

 

 

  抄録・千住芸術村の歩み

■2007年

5月【千住空き家再生プロジェクト001】東京芸大学生5名による自主運営オルタナティブスペース「おっとり舎」の賃貸物件コーディネート

 

■2008年

9月 千住緑町の宵宮縁日に芸大生のアートブースをコーディネート

 

■2009年
1月 特定非営利活動法人千住藝術村 設立登記完了

7月 【千住空き家再生プロジェクト002】「スズロハコ」賃貸物件コーディネート(足立区提案型協働推進助成事業)

同月  街づくり応援フリーマガジン『芸術村のえほん』創刊号発行(編集・武蔵野美術大生の青池茉由子さん/後援・足立区)
9月 千住寄席開催 企画運営コーディネート(神田山緑 宝井琴柑 田辺銀治 一龍斎貞鏡)(後援・足立区)

11月「足立区内共通プレミアム商品券」デザインのコーディネート(芸大生の寺木南さん)
11月 1日~12月25日 第1回・千住まちかど美術館 千住周遊型アートイベント開催 作家30名コーディネート(共催・おじゃらりか / 後援・足立区)

11月28日~12月25日 商店街立美術館 プロデュースと作家4グループのコーディネイト (協賛・千住緑町ゆうやけ通り商店街振興組合 / 後援・足立区)

■2010年
2月「足立区・ビューティフルウインドウズ運動」推進キャラクターデザインコーディネート(ビュー坊デザイン=芸大生の仲沢瑞穂さん)
2月「帝京科学大学歓迎フラッグ」デザインのコーディネイト 千住地区街路灯に560本、北千住ルミネ外壁に掲げられる(デザイン・芸大生の桂川美帆さん)

3月 足立区・NPO活動支援センター・リーフレット作成(編集・武蔵野美術大生の青池茉由子さん/デザイン・寺木南さん)

11月~ 第2回・千住まちかど美術館 周遊型アートイベント開催 作家33名コーディネート(共催・おじゃらりか / 後援・足立区)


■2012年
2月~ 第3回・千住まちかど美術館 周遊型アートイベント開催 作家45名コーディネイト(共催・おじゃら画廊 / 足立区まちづくり公社援助事業)

3月 街づくり応援フリーマガジン『芸術村のえほん』第2号発行(編集・女子美大生の馬場美邦さん/足立区げんき応援助成事業)
5月 「Made in 東北バックデコワークショップ」ルミネ北千住店・Lee・千住芸術村のジョイント “東日本大震災被災地支援のチャリティ”企画運営コーディネート
 

■2013年
10月 【千住空き家再生プロジェクト003】千住芸術村事務所兼フリースペースのオープン

同月 ルミネ北千住店屋上・環境イベント「チョロコ」企画・出演者コーディネート

11月 古民家周遊「縁側バザール」企画運営コーディネート(後援・足立区)

11月 足立区千住地域スポーツごみ拾い参加・ビュー坊ごみ袋提供

12月 ルミネ北千住店 全館アートイベント企画運営 出演者コーディネート

 

■2014
2月 足立区の環境浄化活動・足立ペンタゴン作戦参加 ビュー坊ごみ袋提供

5月 ルミネ北千住店屋上・環境イベント「チョロコ」企画・出演者コーディネート

6月 旭町学園通り商店街ストリートアート・出演者コーディネート(企画運営・子ども向け工作ツクルピー(女子美大OG)佐々木まどか・坂田藍美・かとーゆーこ・粂絵梨)

6月 ギャラクシティにて「ビュー坊コンテスト」・企画運営(足立区主催事業)

7月 千住あさひ寄席 開催企画運営 (神田真紅ほか)出演者コーディネート(後援・足立区)

9月 旭町学園通り商店街ストリートミュージック出演者コーディネート(協力・きくふじ声楽教室)
11月 「学園通りでアートを探せ!」企画運営コーディネート(足立区げんき応援助成事業)

 

■2015
6月 旭町学園通り商店街ストリートアート・出演者コーディネート(企画運営・子ども向け工作ツクルピー 佐々木まどか・坂田藍美・かとーゆーこ・粂絵梨)

7月 千住東町児童館にてワークショップ企画運営コーディネート(企画運営講師・粂絵梨)

10月 北千住駅東口ロータリー「コドモーレ!」イベント企画運営コーディネート

(主催・千住旭町商店街振興組合 / 総合プロデュース・丹治晴香 /  後援・足立区)


■2016
3月【千住空き家再生プロジェクト004】「ココノカ」賃貸物件リノベーション後、コーディネート

4月 マルイ北千住店11階にて「第1回mama千住フェスティバル」共催 (後援・足立区)

9月【03】にARCOachitectsを迎える。

10月 ギャラクシティにてワークショップ2日間コーディネート(企画運営・子ども向け工作ツクルピー)

12月~ 「古民家PR(陶芸・演劇・ワークショップ等)」コーディネート。(企画運営・ベベリカ  /   足立区げんき応援助成事業)


■2017
4月 マルイ北千住店11階にて「第2回ママ千住フェスティバル」共催mama千住(後援・足立区)

6月 旭町学園通り商店街ストリートアート・出演者コーディネート (協力・きくふじ声楽教室)

​8月【千住空き家再生プロジェクト005】物件内外片付け清掃後、企画検討開始。

9月【千住空き家再生プロジェクト007】芸術村ミュージアム開設に向けて再生計画案始動。

​12月 足立区空き家利活用促進事業コーディネート業務委託 公募型プロポーザル共同採択

■2018

​8月【千住空き家再生プロジェクト006】美術作家の関川航平氏によりリノベーション計画始動。同年12月「以外スタジオ」として再生。

■2019

3月 足立区空き家利活用促進事業コーディネート業務委託から離脱。

6月【空き家再生プロジェクト007】ROJIBI(千住旭町路地裏美術館)としてオープン。

 (デザイン施工・猪又嵩史氏)

同月 千住旭町商店街ストリートアート、ワークショップ講師コーディネート(講師・さらしなまりこ、ツクルピー他)  

​9月【千住空き家再生プロジェクト008】千住宮元町に芸大生6名のシェアアトリエ「ニコイチハウス」(仮)として始動。

■2020

​2月【千住空き家再生プロジェクト003】若手フォトグラファーHitomi氏による古民家スタジオ「プティクール」としてリニューアルオープン。(内外装デザイン施工・猪又嵩史氏)

3月【千住空き家再生プロジェクト007】ROJIBI(千住旭町路地裏美術館)惜しまれて閉館。

4月【千住空き家再生プロジェクト009】千住緑町に芸大生6名のシェアアトリエ「TENT.」改装開始。

同月【千住空き家再生プロジェクト010】「グラン座」8のリノベーション開始。

8月【千住空き家再生プロジェクト011】入居希望者公募予定。

※振りかえれば多くの美大生や若手アーティストの皆さんと様々な活動に取り組んできました。

上記アートイベントの多くは、芸術村が実施したというより、縁ある若者の発案を、理解ある商店街振興組合や行政、ルミネ等の地元企業につなげることで実現できた次第です。

お力添えいただいた皆さんに心から感謝しています。

※私たちは、その都度その都度、志ある個人と個人、民間と民間の対等な関係を大切にしながら、

それぞれの持てる力を結集し、任されたイベントを楽しく実施し、任された「空き家」をひとつひとつ誠実に着実に再生してきました。

それぞれの再生拠点は、便宜上、芸術村の取り組みとして001から088までの番号を付しますが、もちろろん入居したアーティストがそれぞれの特技特性を活かし自立し自主運営されています。

 

芸術村は各拠点に対して干渉せず、芸術村の傘下という考えも枠組も一切ありません。

あくまでも私たちは空き家再生の黒子。

ゆえに再生後は芸術村ではなく個々のアーティストの活動に御注目いただければ幸いです。

願わくは再生された空き家「88ヵ所」の拠点が、力ある者の管理ではなく、大小の別もなく、縁ある若者らの主体的な志によってゆるやかにつながり、いずれは専用マップを手にして歩いてめぐれる豊かな芸術の街「千住」として世界中に知られることを願っています。

 

お問合わせ

NPO法人 千住芸術村

空き家再生プロジェクト事務局

120-0026

東京都足立区千住旭町35-3

Tel  :070-5581-7606

Email:  e1010.de.art@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • ブラックInstagramのアイコン

お問合わせいただいた事実及び内容は個人情報として保護対象となります。ご要望等も遠慮なくどうぞ。

© 2017 by Senju Artists Village. Proudly created with Wix.com