【009】足立区千住緑町

TENT.(シェアアトリエ)

​●リノベーションの前中後・6景

DSC_0327
DSC_0327
press to zoom
リノベ前・隣家との境
リノベ前・隣家との境
press to zoom
1階の土間打ち完了n
1階の土間打ち完了n
press to zoom
シェアアトリエTENT.の玄関
シェアアトリエTENT.の玄関
press to zoom
大橋さんのインパクト
大橋さんのインパクト
press to zoom
2階床張後、備品設置完了
2階床張後、備品設置完了
press to zoom

築70年、約60平米。

商店街に程近い旗地に立つ再建築不可の木造2階建です。

戦後の物資不足の折にオーナーさんゆかりの鳥取県智頭から材木を取り寄せたので、梁や柱は通常の家屋よりも太くて立派。


元デザイナーのオーナーさんの理解と英断により、美大生のためのシェアアトリエとして再生されます。

これから東京芸大陶芸専攻の学生6名により建物内外の片付けが始まり、オーナーさん御家族の汗が染みこんだ古い畳ともお別れです。地域の皆さん、どうぞよろしくお願いします。

​道路際に夏みかんの木が植わっていることと、作品の未完の意味を込めて、勝手に「みかん亭」と呼んでいましたが、ついに芸大生自ら「TENT.」と命名。

TENT.は、よく見れば「点と点」とも読むことができ、アーティスト仲間同士の「拠点」という意味でつけられたとのこと。 命名者は岡口君です。

すぐ近くにある008「ニコイチハウス」(シェアアトリエ)とともに、将来、世界に羽ばたく若い芸術家たちの最初の自主的活動拠点として、地域の皆さんからも愛されるスペースになりますように。